早漏は陰茎の勃起が維持のできない

早漏とは性行為の時に相手の女性が性的に満足しない際に男性が射精してしまうことを指します。具体的には「膣内挿入した後、30秒、1分または2分内で射精すること」と言われています。女性によって男性の早漏は「自ら意識が満足する前に射精すること」です。

だが、ほとんどの場合、早漏の原因は男性の身体機能には問題がなくて、心因性のものです。性行為の際に女性のほうが性的満足を得るのが遅いため、男性側が自然に任せて射精した場合は早漏となることがあります。

性行為中に女性の満足させない原因を話になると、よく早漏と勃起障害を言われます。しかし、早漏と勃起障害はどんな関係がありますか?ここでは早漏と勃起障害の比較についてお説明いただきます。

早漏は時間・運動回数などにとらわれず、単純に射精をコントロールできず、性行為中に女性の満足より早く男性が射精してしまうことです。即ち、「射精」に関する障害です。

勃起障害は陰茎の勃起が維持のできないために、満足に性交の行えない状態と性交時に有効な勃起が得られないため満足な性交が得られない状態です。つまり、「勃起」に関する障害です。

早漏は敏感性早漏と心因性早漏を分かれます。たとえば、亀頭に過度の刺激を受けることとか、泌尿器系の疾患によることとか、性行為の経験不足によることなどさまざまな原因があります。

勃起障害は器質性勃起障害と心因性勃起障害二つがあります。例えば、動脈硬化になると血管が十分に拡がらないために血液の循環が悪くなって、勃起障害を起こります。また、仕事や夫婦関係など日常生活におけるストレスも勃起障害を引き起こりやすいです。

どんな原因でも、健康な生活習慣が欠かせないです。その上、相手の女性にある程度の認識する必要があるます。